Dream Knight'sは初心者の方にもわかりやすく書いていく、マビノギブログです

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

まきもふかじライフ 2006/12/09



こんばんは、椿屋です。今日は珍しいスキルを使う事になりました。全く上げるつもりの無い鍛冶スキルを、思わぬ所でやるハメになったのです。それは昨日に引き続き、応急スキルのランクアップのため、各地を飛び回っている時の事。次なるランクアップのためには、フレッタの好感度を上げてからもらえるクエストを、終わらせないとダメという情報を入手したので、さっそくフレッタの元へ向かいました。



好感度を上げて注文されたクエストは、愛犬ラブの首輪を作ってくれたまえ、という内容。作るには首輪の図面が必要なので、その辺は鍛冶屋に相談すれば良いんじゃない? という事で、そのままバンホールへ。

WIKIの情報によれば、アイデルン・エイレン・ファーガスの3人が図面をくれるそうで、それぞれ1回の工程による材料も違うとか。しかし完成品が違うだけで、クエストの進行には全く変わりがないそうなので、一番材料の軽いエイレンにお願いする事にしました。



エイレンは1回の工程で鉄インゴット3本、仕上げで金or銀インゴット1本を使います。アイデルンは完成品の高級さからか、1回で高級革2と鉄インゴット1本、仕上げで太い糸1本。色々材料があって、完成度は一番高そうですよね。最初から念頭になかったファーガスは、1回で鉄インゴット5本、仕上げで釘1本という、鍛冶というよりややハンディクラフト寄りな材料。鉄と釘って、どれだけ豪快な首輪なんだろうか……。



成功率80%、進行率99.9%だったのですが、失敗を含めて3工程かかってしまいました。インゴット9本って、結構大きいですよね;; しかしとりあえずこれで、フレッタのクエストを終了できます。さっそく報告へ行くと、マヌスの特別商品チケットなるものを頂きました。



こんなもの、どこから入手するんでしょうね。確かフレッタは「マヌスっていう人……」と言っていたような気がするので、面識は無さそうですね。とにかく、そのチケットを携えてマヌス商店からランクアップのためのスキルブックを購入。そしてめでたくランクDに昇級しましたー。



しかし、アレですね。スキルブックを開くと



アグネスさんが執筆したものなんですね。これって転売でしょうか……それとも委託販売かな。どちらにしろ、アグネスさんに大きく遅れをとっている事には、変わりはなさそうですね。マヌスさん、ホントにヒーラーでしょうか。せめて自分で作ったものを売り出して欲しいですよね。


さて、次なるランクアップのため、ウルラ大陸を離れイリアへ。ランクアップ担当官はお馴染みプリンくんでした。



何やら包帯の数が不足がちだそうで、もふもふ20玉持ってきてと言われてしまいました。羊なんてその辺にいるんだし、20玉くらい自分で……とも思ったのですが、せっかくウチにも羊くんがいるのでもふもふさせてもらう事にしました。



ダンバートンでぼけーっとしてる時は、ウチの羊でもふもふしようかなーなんて考えるのですが、どうもマナの少なさがネックになりますよね。ペット転生すれば、マナの量もだいぶ違ってくるのかな? 実はペット転生ってした事がないので、イマイチ良い転生順がわかりません。ウチの羊のマナはダム並だぜ? という方、ぜひぜひ教えてください>< ちなみにウチの子、マナ21です……(汗



そんなこんなで、20個なんてあっと言う間に終わってしまい、応急ランクをCにする事ができました。Bにするには、プリンくんにポットスパイダーの牙を渡すだけでOKなので、ついでに終わらせておきました。残念ながらAP不足でランクアップは出来なかったので、これからレベル上げに行かなくてはいけませんね。

意外と知らなかった、応急スキル関連のクエスト。鍛冶をやったりもふもふしたり、ちょっとだけ楽しめたような気がします。次は何を上げようかなぁ……と悩んでる方、応急スキルを検討してみてはいかがでしょうか?w


椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi
Author is...
↑の画像はランダムで変わります。不定期ながらも随時追加していく予定ですが、お気に入りのNPCや面白そうなやりとりなど、何かアイデアがありましたらコッソリ教えてくださいね。
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
当ブログ及びラジオ放送内での画像・BGM等の使用権や著作権など一切の権利は、
株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社が保有・管理しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。