Dream Knight'sは初心者の方にもわかりやすく書いていく、マビノギブログです

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

鍛冶師の道は茨道 2007/12/22


こんばんは! 前回のRe-Mabinogiに続いて、今回は鍛冶スキルを紹介するよ。製錬スキルで余ったインゴットはどうしようか? 売るのも何だしなあ……って思っていたら、鍛冶スキルに使ってみるのも良いかもしれないね。

じゃあまず鍛冶スキルを始めるところからかな。




どこでスキルを覚えるの? 始めるには何が必要なの? なんて疑問を1発で解決してくれるのが、この鍛冶用のハンマー。スキルを覚えるなら、このハンマーを手に持つだけでOKなんだ。簡単かな? ちなみにこの鍛冶用のハンマーは……



バンホールならエイレンさんが売ってるから、とりあえず始める人はここからだね。他の武器屋さんでも売ってるけど、バンホールにはアイデルンさんもいるから、購入するならやっぱりここがオススメかな。

なんでアイデルンさんがいると良いかって言うと、このハンマーを持つだけで鍛冶スキルは覚えられるけど、覚えてからFランクに上げなくちゃ物は作れないんだ。つまり、この段階ではまだ練習ランクって事だね。そこでアイデルンさんに、「スキルについて」で話しかけると、Fランクに昇級させてくれるってわけ。わかったかな?


ハンマーの購入とFランクのスキルが揃ったら、今度は必要な図面を買いに行こう! 図面を売ってくれるのは……



バンホールの名物住民、ギルモア爺! 作りたいものの図面を買いたいところだけど、まだFランクじゃ作れるものが限られてくるから、トレーニングになる「短剣」や「じゃがいもの鍬」の図面が良いかもしれないね。これが用意できれば準備はほぼ完了! あとは製錬スキルや冶金スキルで作ったインゴットを用意しようか。


じゃあ、この辺で簡単にまとめるね。




大丈夫かな? インゴットさえ自分で調達できれば、ここまででかかる費用は特に多くないよね。



材料や道具の用意ができたら、いよいよ製作に入っていくよ! 町の中をざっと見渡せば見つかると思うんだけど、鍛冶スキルは鍛冶台の前じゃないと行えないんだ。


これがその鍛冶台。町の中にはいくつか設置されてあるけど、もちろんどれを使ってもOKだよ。居心地の良い場所を探してね。




右手にハンマー左手に図面を持って、鍛冶台の金属部分……ってここ何ていう名前なんだろ? とにかくそこをクリックすると、見覚えのある生産ウィンドウが出てくるはず。そこへ図面通りの材料をドラッグ&ドロップで入れていくんだ。


あ、ちなみに……



アイデルンさんが使ってる鍛冶台でもスキルは使えるから、エリン最高の鍛冶師の恩恵を受けながら……っていうのも悪くないよね。




ちょっと脱線しちゃったけど、生産ウィンドウに材料を入れてスタートを押せば、ハンマーを叩き始めて……




成功や大成功、失敗や大失敗の判定が入るようになってる。これは裁縫スキルと同じだよね。それらを繰り返しながら、進行率を上げていって……



仕上げ前まで完成させる! ここまでくれば一安心。進行率が下がる心配はもうないから大丈夫だよ。


じゃあ、また簡単にまとめてみよう。




こう見ると、大失敗以外は全て進行率が増加するみたいだね。厳密に言うと、失敗と大失敗は進行率が変らない場合もあるらしいんだけどね。とりあえず大失敗が出なければ、遅かれ早かれ完成にはなるって事かな。



仕上げ前まで来たら、次はもちろん仕上げ作業! 裁縫スキルも鍛冶スキルも、ここが一番大事なところ!


裁縫スキル同様、鍛冶スキルの仕上げもミニゲーム風になってるんだ。仕上げがスタートすると、仕上げウィンドウが開いて、何やら5つの赤い点がすーっと動いていく。




全ての点が止まった所で、下にあるゲージが上がっていくようになってるんだ。ここからがミニゲーム開始。ゲージは徐々に上昇していくけど、まだ何もしちゃいけないよ。焦らずにちょっと待ってみると……



ゲージが終盤に来ると、赤かったゲージが黄色に変化するんだ。この時に赤い点の中心を叩く! 



ハンマーと◆印のアイコンが出てるはずだから、◆印を赤い点の中心に合わせて叩くのがコツなんだ。打たれる場所が点の中心に近ければ近いほど、高品質な完成品が出来上がるからね。



もちろん◆印は鍛冶スキルのランクによって、狙いやすいように小さく小さくなっていくから、仕上げにこだわりたい! っていう人は、スキルランクを上げてみるのも良いかもしれないね。

スキルランクを上げるには、それぞれのランクで指定される部位の図面を使ったトレーニングをしなければいけないんだ。例えばランクFなら道具や武器、ランクEなら盾……っていう具合にね。それ以外のものを作っても、トレーニングにはならないから要注意!

ちなみにトレーニングの材料には、アイアンインゴットが必要なんだけど、途中のランクからはアイアンインゴットと+αというパターンになってくるんだ。一番多いのが革紐かな。必要になるのはランクBのトレーニングから。ランクCのトレーニングまで……つまり、ランクBになるところまではアイアンインゴットのみでOKって事になるね。


じゃあ、またまたさらっとまとめ。



アイアンインゴットだけで良いと言っても2500本以上も必要なんだね……。これはバリダンジョンや砂浜に入り浸りになりそうだ。もちろん必要なインゴットの量は、ランクが上がるごとにどんどん増えていく。それはもう尋常じゃないくらいの量で……。




マビノギの世界における、最難関の生産スキル……それが鍛冶スキル。今回ざっと紹介してきたけど、どうだったかな? なんと言っても材料集めには苦労すると思うんだ。大量のインゴット、途中から必要になる革紐や組紐……。どれも大量入手が困難なものばかり。でもトレーニングでは大量消費。このスキルばかりは、早足なんかじゃ進めそうにないなって言うのが、僕の率直な感想かな。僕自身のランクもまだCランクだし、周りのお友達で高ランクに到達してる人はいないんじゃないかな……。それくらい難しいって事だよね。ひたすら頂点を目指す! というよりは、○○を自分で作りたいからトレーニング! の方が気持ち的には楽なのかも……?



という事で、今回のRe-Mabinogiはここまで! 製錬・鍛冶と取り上げてきたけど、どうだったかな。数ある生産スキルの中でも、鍛冶スキルは一番トレーニングが進んでないスキルだったから、ちょっと自信は無いんだけど……。でも1人でもこれを見て、鍛冶の道を進んでくれる人がいれば……それだけで幸せかな。あ、もちろん製錬スキルにも同じ事が言えるけどね。



前回と今回で、僕のRe-Mabinogiは終わり! 色々な都合であまり更新できなかったけど、とりあえず2回のRe-Mabinogiはなんとか死守できて良かったー。僕の番は今回で終わりだけど、これからのRe-Mabinogiもぜひぜひよろしく!


それじゃ、またね!
カテゴリ:Re-Mabinogi
Author is...
↑の画像はランダムで変わります。不定期ながらも随時追加していく予定ですが、お気に入りのNPCや面白そうなやりとりなど、何かアイデアがありましたらコッソリ教えてくださいね。
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
当ブログ及びラジオ放送内での画像・BGM等の使用権や著作権など一切の権利は、
株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社が保有・管理しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。