Dream Knight'sは初心者の方にもわかりやすく書いていく、マビノギブログです

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

今アルビが熱い……! 2007/06/28


ティルコネイルの山道を進むと1人の男の姿が見える。最近はこの辺りも人通りが多く、彼の顔も見知ったものになっているだろう。アレを顔と呼ぶにはいささか語弊があるかもしれないが、この際アレが彼の顔なのだろうと言う事にしておくとしよう。



今更彼と話す事など何もない。僕は彼の隣を通り過ぎ、奥へと進む。







そこで視界に飛び込んでくるのは、アルビダンジョンの入り口。人間なら誰しもが最初に経験するであろうダンジョン。今でこそ見慣れてしまったが、初めて見る者からすればきっとこの入り口も不安を掻き立てるものなのだろう。僕は今日、このアルビダンジョンへやってきた。





ロビーに入ると巨大な女神像が迎えてくれる。女神像は本来、魔族の侵攻を抑える役割があるというが、実際のところそんなありがたみを感じる機会など数えるほどもない。ただ目の前に祭壇がある……という目印程度にしか意識されていないだろう。





いよいよダンジョン内部へ。






ロビーとは違った女神像が再び迎えてくれるが、ここの女神像はまた違った雰囲気だ。





アルビダンジョンへ入るにあたって、僕は主力武器として使用している長刀を取り出した。相手がどんなものだろうと、命のやりとりをする上で手加減などできるはずがないからである。いつだって全力で正々堂々と戦い続ける。そうありたいと常々思っている。





このアルビダンジョンは親切な事に……






マップが初めから表示されている。これで道に迷う事は無いだろう。戦闘に全神経を注ぐ僕としては、大変ありがたい心遣いだ。






1部屋目に入ると、隅の方に宝箱が見える。初めてここへ来た者たちは、この箱を見てどんな感情を抱くのだろう。宝物を手に入れる直前の期待。もしくは罠かもしれないという不安。だが結局は開ける以外にする事はなく、恐る恐る箱を開けてみる。






黒煙と共に現れたのは紛れもなくモンスターである。いよいよ戦闘開始だ。緊張が高まるのを感じる。この状態からどういう順で動けば良いかなど瞬時に判断する。まずは左の2匹。そして中央の2匹。最後に離れている相手は、ライトニングボルトで対処できればスムーズだろうか。






即時行動。戦闘の鉄則である。







まずは左の2匹。







中央へ移り……







絶妙なタイミングでライトニングボルト。












爽快である。













しかし中には文明の利器を用いて対処する者も少なくないだろう。






そう……







爆弾である。確かに威力も高く便利な物である事に異論は無い。だが、この爆弾の名称を思い出して欲しい。











緊急脱出B爆弾。









確かこのような名称だった。「緊急」と名付けられているところに着目して頂きたい。確かに何匹もの白クモに囲まれる事態だった……しかしそれは緊急という言葉を要するものだっただろうか。戦闘中での緊張状態は緊急時のそれと似ているかもしれないが、決して命が危険にさらされている状態ではない。これでは自分がもういっぱいいいっぱいだ! 誰か助けて! とアピールしているみたいではないか。





それに……緊急だけならまだしも、「脱出」とはどういう事か。先ほども書いたように、戦闘とは正々堂々と全力で臨むものだと思っている。それを脱出とは……とんだ便利道具ですこと。



それと同様、移動も自らの足で移動する事に意義があるのではないだろうか。

道が長くて時間がかかる? いいや、その心配はない。なぜならアルビダンジョンはとても短い構造の親切設計だからだ。





進んで行くとどうやら最後の部屋へ辿り着いたようだ。


つまりボスの部屋の手前である。この赤いスイッチはボスルームを開く特別なスイッチ。いつどこで見ても、ついにここまできたという達成感を感じさせてくれる場所でもある。


















ボス部屋の中には巨大なクモが待ち構えている。






それだけでは無く、赤クモも多数出現。これは1匹ずつ片付けていくのが得策であろう。しかし巨大クモに気付かれてしまっては戦況は不利になってしまうだろう。ここは気付かれないよう、慎重にならなければ。





慎重に……






静かに……





暴れてるように見えなくもないが心配はない。だって効果音もBGMもミュート設定なのだから。少なくとも僕には何も聴こえない。







残すはヤツだけだ。巨大と言うだけあって、他のクモとは比べ物にならないプレッシャーを感じる。このダンジョン最強の相手……それなら自分も全力で臨むのみ!




























これで全力で戦える。いかにボスとは言え、このインフラブラック容易くはないぞ……!








ここのボスとは一進一退の攻防を繰り広げた。黒い身体から振り下ろされる長刀を切りつけ





巨大な身体から打ち付けられる攻撃に耐え







辛くも勝利をもぎ取る。今までの緊張が一気に開放される。とても言い気分だ……。







かすかに動く巨大クモを眺めていると、自分が勝ったんだという実感が徐々にリアルなものになってくる。この先には報酬が待っている。






このために頑張っていると言ってしまっては聞こえは悪いが、これがあるから続けていられるというのも嘘ではない。これからもそれは不変のものなのだろう。






箱を開けてみると、見慣れた報酬が入っていた。レアでもなんでもない、ごく普通の報酬。けどこれは、今まで自分がここまで進んできた成果だ。中身が何であろうと、嬉しいものである。






報酬部屋にはロビーへ戻るための女神像が設置されている。とても見慣れた女神像。そこからロビーへ戻っても、また見慣れた女神像が目に入る。正直見飽きたと言っても過言では無いだろう。だが、僕はこれからも女神像の元へ身を寄せるだろう。なぜならそこには祭壇があり、その先には僕の臨む戦いがあるから。





もうすっかり暗くなってしまった。今日を振り返っても、何も特別な事なんてなかった。いつも通りの時間が流れ、いつも通りに過ごすだけ。それはきっとこれからだって同じなんだろう。変化する日々に身を置くのも良い事だけど、何も無い日を振り返って見てみるのもなかなか良いものではないだろうか。何も無い日、何もない時間に、何も無い場所で見つけたものは、これからを形作る重要な何かの欠片だったのかもしれない。









……っと、無駄に長くなりましたね(汗 帰りが遅くてネタ探す時間もない! という事から作ってみましたw ネタが無くても記事が書ければ良いなーって思ってね。今回はアルビダンジョン内でネタを探して書くだけ。まとまりが無いせいか33枚という膨大な量の写真を掲載する事になり、読み込みおせーよ! という方もいらっしゃるかと……(汗 最後まで読んで下さった方、ありがとうございます;; そしてお疲れ様でした;;




さてさて、来る29日(金)はブロガーの集いですよー。どうやら明日は早めにログインできそうなので、参加できちゃうかもしれません。緊張するけど、色んな人とお話できたらいいなーなんて思ってます。お時間のある方、29日の22時から。マリーサーバー8ch、ダンバートンのユニコーン広場に集合! 詳しくはこちら~




椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi
Author is...
↑の画像はランダムで変わります。不定期ながらも随時追加していく予定ですが、お気に入りのNPCや面白そうなやりとりなど、何かアイデアがありましたらコッソリ教えてくださいね。
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
当ブログ及びラジオ放送内での画像・BGM等の使用権や著作権など一切の権利は、
株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社が保有・管理しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。