Dream Knight'sは初心者の方にもわかりやすく書いていく、マビノギブログです

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

ミレシアンの脅威 2009/11/23


こんばんは、椿屋です。
先日のアップデートで実装された「ラフ城」ってホントに大きいですよね。影ミッションやメインストリームで何度も往復するのが嫌になるほど、大きな敷地になっています。イメンマハのお城とは比べ物にならないくらいですよね。

ただ敷地が広いってだけじゃなく、部屋数も多かったりします。部屋が多いと同時に、ここに住んでる方も多くいらっしゃるみたいで、まだしばらくは見慣れない顔ぶれに新鮮さを感じる事になりそうです。みんな個性的ですしね。






お城となると、その辺に何気なくいる人たちも、ちょっとした風格を感じると言うか、一般社会から少しかけはなれた感じの方が多いような気がしますw どこか気品漂うというか……w 僕とは対照的ですねw








そんな気高いラフ城の裏に隠された、影世界のお話が今回のメインストリームでした。過去から現代へ繋がる物語は、神、魔族、ミレシアン、錬金術師、古代民族などなど、様々なキーワードを巻き込み進んでいきます。

累積レベル的に難易度ハードを進まなくては行けない僕でしたが、最後までほぼソロ専用のクエストが揃っていたお陰で、今までにないくらいスムーズに進める事ができましたw 嬉しいのやら、悲しいのやら……w



しかしこれも、全てはミレシアンという1つの生命体の強さのお陰ではないでしょうか。






ミレシアン……エリンに来たばかりの頃は、このワードに何の興味も疑問も持たずに暮らしていましたが、メインストリームが進むにつれ、このワードは重要なキーワードになり、同時に絶大な力をも手にする事になるのですが……。








そもそもミレシアンってどのくらい強いんでしょうね?w このエリンに住んでる人たちから見れば、僕らミレシアンは、外の世界から来た宇宙人的な存在で、彼らと比べ絶大な力を持っている……なんて事が書いてある本がどこかにあるくらいなんだから、強いっていうのは間違いなさそうですし。

確か、元々エリンの人々と魔族……すなわちポウォールとの戦いは、人間側が劣勢だったところにミレシアンである光の騎士ルーが登場したことで、一気に巻き返した……っていう感じでしたよね。まあそれ以前に、エリンの人々と違ってミレシアンは死にませんからねw それだけで十分脅威なのかもしれません……w

しかしそうかあ……光の騎士ルーもミレシアンだって事を考えると、僕ら自身の行く末も気になるところですねw 僕らこれからどうなっちゃうんでしょうか。

それと、やっぱり忘れちゃいけないミレシアンの特徴と言えば「転生」ではないでしょうか。












成人から子供へ、はたまた男性から女性へ……年齢と性別の枠を超え、さらには転生前の知識やスキルを持ち越して成長をやり直せる、という恐るべき生態。こんな事を繰り返すんだから、強くなくちゃおかしいって気もしてきますねw





ミレシアンについて、詳しく書いてある書物なんかはありませんが、こちらで考察されているものが本になっていますので、「G3」クリアしている方のみご覧くださいw








しかし死なない上に、転生し放題……。











さらには一時的に戦闘能力が著しく上昇する変身スキルに加え、半神化なんていうとんでもないスキルまで手に入れちゃう始末。これはもう、広大なエリンの中の「たった1つの生命体」では片付けられないほどの力と言っても、過言ではないのではないでしょうか。フルパワーで戦った時の戦力は、一騎当千どころの話では、ないのかもしれませんね。











フルパワーミレシアン。








……。






まあ……色々言いたい事はあると思いますがw






とりあえず、ミレシアンの行く末には注目したいですねw って自分の事でもあるんですけどねw




椿屋でした。
スポンサーサイト
カテゴリ:mabinogi

微妙な恥ずかしさ 2009/11/09


こんばんは、椿屋です。

って挨拶するのも久々ですねw みなさんお元気にしてましたでしょうか。
前回、前々回の記事にたくさんの拍手コメントを送ってくれた方々、本当にありがとうございます。

時間も空いちゃったし、誰も見てなくても細々と始めれば良いかー……なんて考えていたのですが、いざとなると逆に反応がきになっちゃったりして、たくさんのコメントを見てほっとしてる自分がいたりしますw



さてさて、久々のエリンでの生活ですが……まず最初に大きな仕事が待っていました。





それは……












じゃじゃん!




頭の上に金の王冠が……!




そう、カタチだけではありますが、ギルドマスターとなってしまいました。何気にギルドマスターは初めて! まあ常にログインしているのは、ほとんど僕だけっていうギルドですけどねw







しかし! みなさんご存知の通り、今回のアップデートで……









こんな事ができちゃう場所が提供されたんですよね。毎週土曜日の○時はギルド定例会議ね? なんて楽しげなスケジュールを立ててるギルドも、どこかにあったりするのかなあ。そんな事を考えると、ギルド活動も魅力アリですねw











現実はこうですけど……。










ん……?










みみが……!













にゃ、にゃんぱす! にゃんぱすじゃないか!

ギルドメンバーがいないからって、気持ちだけでもそこに座ってくれたのね。ありがとう、ありがとう。






でも気持ちだけじゃ足りない時もあるんだよ(贅沢










とまあ、こんなネタが出来るのもギルドストーンがあるからこそ。








しばらくエリンから離れている間に、ギルドストーンもなくなってしまったようで、頑張ってキープしていたエリンで最高のギルドストーン置き場(自称)から移動する事になりました。







移動って言っても、このご時世にステキな場所に置ける可能性なんてあるのかなあ。






どこでも良いからとりあえず置いちゃおうっと。








なんて事になろうものなら……









某ギルドメンバーに命を狙われかねないので、ここはしっかり場所をチョイス。







やっぱりダンバートンマップの中が良いよなあ……なんて考えながら、置けそうな場所を模索します。








歩き回ること30分。








ようやく見つけたこの場所にきーめた……!









ここです!







薬剤師の方はわかりやすいと思いますが、ダンバートン南側に分布するベースハーブ地帯の近くですね。






まずまずの場所が取れたんじゃないかー? なんて自分で自分を褒めてあげたい。









そして近くはクマだらけっていう現実からは目をそらしたいです。






今もこれを書いている最中、クマの鳴き声がそこらじゅうから聞こえてきたので、えらい事になる前にギルドホールに移動! この機能便利ですなあ。





クマがいる以外は良いよね! みたいな雰囲気があるかもしれませんが、クマだけじゃなくウィスプもいます。






先日、ギルドストーン付近のウィスプに襲われている初心者らしき冒険者が1人。



ここは助けに入らないと……! と戦闘準備をしつつ近くによる椿屋。



その間、彼はウィスプから攻撃を受けながらも、死んだフリで身の安全を確保。

その様子を見て少しほっとした僕は、若干の余裕を持ってファイアボルトのチャージを開始。

1チャージ……2チャージ……3チャージ……





4……というところで、ドカーン! とライトニングボルトの轟音。



目の前には空気を切り裂く電撃。手前にはまばゆく光るウィスプ。





そしてその奥には、宙を舞う冒険者。





身体は地面に付くか付かないかのところで消え、彼はダンバートンへと帰っていきました。








僕はと言うと、微妙に助けに近寄っただけに妙な恥ずかしさがあり、
気づいた時にはその場から離れギルドストーンからギルドホールへ移動……。


悪いことしたなあ、彼に……w
なんて面白おかしく思い返すのも、また1つの思い出なのかもしれない。
と、わけのわからない事を考えながらも、初心者さんごめんなさい……という反省の色も少し。


久々に過ごしたエリンでののんびりライフは、ちょっと恥ずかしいような気まずいような思い出になりました。

みなさんは恥ずかしい・気まずい出来事、何かありましたか? 長く過ごしてる人は、1度くらいあるんじゃないかな?w




椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi

インサイド 2009/11/03

……。














……。














…ん……。
















あ……こ、ここは………





















今までずっと眠ってたんだっけ……。

















ん……?













そら……?













あ、そうか……僕はエリンにいるんだったな……。












確か僕は……このエリンで随分長い時間を過ごしたんだっけ……。









そしてその中で……色んなものと出会ってきたんだ……。











古代イリニド……クルクレの心臓に














レッドドラゴン













そして錬金術師たち……。














色んな出会いがあったんだな……。












他にももっと色んな出会いがあった気がする。











他にも……













そうだ……他にも僕はたくさんの友達に出会ってきたんだ。
















とても語りつくせないほどの出会いと、共に過ごしてきた時間があったんだよね。


振り返ってみても、その時間が一番楽しかったのかもしれない。


ずっと昔からの友達。
急に声をかけてきてくれて知り合った友達。
友達の紹介で知り合った友達。
ブログがきっかけでできた友達。












そしてリーベント……。













いや、リーベントはただの居候だな。












このまま眠っているのも心地よいけど……そろそろ起きて動き始めないとね。

せっかくエリンで過ごしてきたんだ。

楽しい時間は思い出にしておくんじゃなくて、
これからももっと増やしていかないとな。









んんー……っと、よし!






それじゃあそろそろ再開しますか!







のんびりまったりのファンタジーライフを!






カテゴリ:mabinogi

アウトサイド 2009/11/01

……。














……。














…ん……。
















あ……こ、ここは……一体……

















んっ……なんだか体がだるい……















今までずっと眠ってたのかな……。

















ん……?













そら……?













あ、そうか……ここは……エリン……。












確か僕は……このエリンで随分長い時間を過ごしたんだっけ……。









捕らわれた女神を救出して……













光の騎士になって……












ダークナイトになって……。












懐かしいな……。











他にももっと色んな事があった気がする。



でも今は……今はまだよく思い出せない……。


















……ん?






なんだ……?







声……? 誰かの声が聞こえる。



誰の声だろう……僕を呼んでるみたいだけど……。







ん……あ、この声は確か……











この声はリーベント……。













そっか……僕はそんなに長い時間眠っていたんだ。





わざわざ起こしに来てくれたんだね、リーベント。









それなら仕方ないな……リーベントがこんなに呼んでるんだ……








僕は……







僕はもう……










もう少し寝させてもらおう。
















おやすみ。






カテゴリ:mabinogi
Author is...
↑の画像はランダムで変わります。不定期ながらも随時追加していく予定ですが、お気に入りのNPCや面白そうなやりとりなど、何かアイデアがありましたらコッソリ教えてくださいね。
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
当ブログ及びラジオ放送内での画像・BGM等の使用権や著作権など一切の権利は、
株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社が保有・管理しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。