Dream Knight'sは初心者の方にもわかりやすく書いていく、マビノギブログです

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

今年もお世話になりました! 2008/12/31


こんばんは、椿屋です。ホントにあっという間に今年も最後の更新となりました。みなさん年末の過ごし方は決まりましたか? それにしても毎年思う事ですが、1日1日は長いのに1年って短く感じますよね。そんな時には、ついつい今年の出来事を振り返ってみたりするもんです。

僕の2008年最初の……そして一番影響を受けたんじゃないかと思う出来事は、1月の半ばに行われたあるイベントでした。





みなさんは観に行けましたか? 僕はこれをキッカケにSound Horizonを聴き始めたくらい、とても素晴らしい完成度でした。この頃はよく分からず見ていただけに、今もう一度見てみたいなって何度も思いますね。あれからもう1年かあ。


2月には嬉しいコントロールオブダークネスの上方修正や、念願のサキュバス服が着れちゃうイベントなんかがありましたね。ネタがいっぱいでブログ書きとしては嬉しい月でしたw


そして3月。やはり1番の思いでと言えば……






初めてのねとらじ「イウェカらじお」ですねw 書きたい事はホントにたくさんあるのですが、何らかの形でもう1度チャレンジしたいという思いは今も変わりませんw ちくしょうーw なかなか時間も取れないんですけどねえ。


4月には新しいメインストリームのG8、そして火山地域のザルディンが追加されました。あのわくわく感は今でもよく覚えています。熱気球とかもう冒険心をくすぐりまくりですしねw お金に困った時は、ぜひ黒ヒョウ狩りに出かけてみてくださいw

5月は個人的な目標だったサンダースキルのランクが1になった事! たくさんのAPをつぎ込んだだけあって、今でも思いっきり重宝しています。それとG8クリア! 結局誰も誘えず最後までソロという寂しい状況でしたが、無事タイトルを手に入れましたw 5月は更新も2回だけみたいですし、何か忙しかったのかなあ。



6月はモリアンサーバ在住の椿屋が登場。


マリーサーバの椿屋の妹なんですよw 「椿屋」って苗字だったんですねw 今では良いお友達もできて、楽しく暮らしてる……と良いんですけどねw



7月。未だにあれは誰だったんだろう……という疑問の残る


謎の羊くんとのロンガ遺跡攻略。普段はずっとソロなので、こういう突発的な出会いってすごく新鮮でした。それと同時に緊張もするんですよねw 来年はもっと自分から積極的にならないとなあw


8月~9月のブログは完全にお休みモードでした。エリンで活動はしてたんですけどね。充電期間というやつでしょうか(放電かもw) 休止中も色々な方から暖かいコメントをいただいたり、エリンで応援してもらったり、別の意味でも貴重な期間だったような気がします。


そして10月! 前々からやろうと思ってたブログのリニューアル! 気持ち的にもモチベーション的にもリフレッシュできたんじゃないかなーって思ってます。でも当時は、ひょっとしたらリニューアルだけで終わるんじゃないか……なんて不安も自分の中にあったんですけどねw 一応続いてるみたいですw

あとはついに実装された


ジャイアントの盾! ジャイアントの戦闘バリエーションに新たな風を吹き込んだ大きな要素。今でもリーベントは両手剣に盾、これが標準装備になっています。



11月。念願の! と言うにはまだ早いのですが……


ずっとトレーニングを続けてるポーション調合スキルのランクが3に! ここから毒薬が作れるので、武器に塗り塗りし放題というわけですね。でもそれ以前に成功率の低さと、異様に難しい水汲みの繰り返し。前途多難です;; ここからポーション調合のトレーニングを一気に進める! と思ってた矢先に……



12月の錬金術が実装されてしまったわけですねw


影ミッションで得られるお金や経験値は多いけど、それに伴ってライフポーションやマナポーション、スタミナポーションの消費量は尋常じゃありません;; ポーション調合にまわすハーブは、しばらく影ミッションで使ってしまいそうですw 

さらに同じ日には料金プランの改定や、転生周期の短期化。無料転生などなど、今までよりも一層プレイしやすくなる要素も増えました。それがキッカケで、一気にユーザーが増え、マリーサーバとルエリサーバでは、9番目のチャンネルが追加されました。まあ、それでもどこも満員や混雑にはなってますけどねw



というように、ざっと振り返っても色んな事がありました。みなさんもきっと、僕以上に色んな出来事に出会ったのではないでしょうか。Dream Knight'sでは、エリンでの楽しいことや面白そうな事を伝えていく事をテーマにしていますが、ホントに楽しいことや面白そうな事は自分自身で体験する事でしょうね。今年はどんな事がありましたか? 楽しい思い出は何ですか? 大変だった事や悲しかった事。忘れたくない事は? エリンでの生活はまだまだ続きます。来年もまた、みなさんに楽しいことや面白い事がたくさん続く1年になるよう祈りながら、今年最後の更新とさせていただきます。




今年はお世話になりました! 来年もDream Knight'sをよろしくお願いします!




椿屋でした。
スポンサーサイト
カテゴリ:mabinogi

どれにしようかな 2008/12/29


どうも、自分ッス! 例の一件からしばらく身を隠しておいたッスけど、そろそろ出てきても良い頃なんじゃないかと自分なりに判断して、顔を出してみたッス。研究室は相変わらずみたいッスけど……椿屋さん、ちゃんと修理してくれるのか心配ッス。まあ、気にし過ぎても何も始まらないッスよね。いざとなったら、何とかなる事もあるッスからね。そんな事より、これを見て欲しいッス……。







これ……何だと思うッスか? 同じ色のリボンが結んである箱が、5個ずつあるッス。鋭い人はピンときちたッスか? きちゃったッスか? じゃあ次は何も言わずにこれは見て欲しいッス。









……。










言葉も出ないッス……。



クリスマスイベントが終わりそうだと気づいたのは、あと15分ほどで26日になろうかという時間だったッス。幸い、お手伝いがてらに材料自体は集めていたので、クリスマスクエストを達成させる事自体はギリギリ成功したッス。それは本当にギリギリ……目の前にいたはずのサンタクロースが消える、ほんの5~6秒前のゴールインだったッス。いや、正確には勝手にゴールだと思っていただけだった、という方が正しかったッスね……。クエストは無事に終わって良かったッスけど……肝心のイベントアイテムをイベントサポーターからもらうのを忘れていたッス……。せめてクエスト達成場所を、サポーターのいる街にしておけば、上手くいったかもしれないッスね……! 今でも思い返すと悔しい気持になるッス。そして残ったのは、インベントリの中に散乱する靴下とお手紙の数々だったッス。






そんな悲しいクリスマスを過ごしていたのは、自分だけッスかね。他にも仲間はいないッスか……! とまあ、あまり気にしてても仕方がないので、深くは考えないようにしたッス。気を紛らわすには戦いが一番! 今ならタルティーンの影ミッションがピッタリっすね!






ただただ戦いに明け暮れるのも良いッスけど、今回はちょっとした目標を立ててみたッス。何かと言いますと……「10歳でレベル50になった」タイトルを手に入れる事ッス! 影ミッションの実装や、経験知テーブルの修正でレベル上げが以前よりも容易になった事は、みなさんも感じているはずッス。なので自分もそこに上手く便乗しようという魂胆ッス。腕がなるッスねえ。






ちなみに自分が主にこなす影ミッションは、こちらの高級もしくは中級の「タルティーン制圧戦II」ッス。ウィンドミルランクが1の近接型なら、ここが割と安定するという話を耳にしたので、これを利用させてもらうッス。ちなみに、この影ミッションごとに設定されてる「適正累積」って、目安だと思っていたッスけど、ちゃんとした制限だったッスね。ちょっと背伸びして1ランク上のミッションに挑戦……なんて事も累積レベルが足りなかったら出来ないって事ッスか。まあ、自分にはまだまだハードなんて遠い存在ッスけどね。







タルティーン制圧戦IIのボスは、金ピカの鎧と巨大な剣や盾を身に付けているッス。1対1で戦うのなら、それほど手ごわい相手ではないッスけど……強いて挙げるなら、ライフドレインが驚異ッスかね。それとライトニングボルトが地味にいやらしいッス。デッドリーで吹っ飛ばされた後の魔法詠唱は、ほぼ死亡フラグっす。自分たちもよく使う戦法だけに、やられるとイラっとしてしまうッスよ。


……と書いてて思ったッスけど、普段自分たちが使ってる戦術なんかは、魔族側からするとものすごく鬱陶しいものだったりするッスかね。きっとポウォール掲示板みたいなのがあったらこんな感じッスよ。

------------------------------------------------------
816 名前:名無しの魔族 投稿日: 2008/12/29(月) 11:11:22
   人間どものミルハメうざいんだけどw あれどうにかならんの?

817 名前:名無しの魔族 投稿日: 2008/12/29(月) 12:17:05
   >>816
   わかるわw  
   でもタイミングみてディフェンスで抜け出すしかないんじゃね。
  
   それよりIB当てられたあとに、向こうに走っていっちゃうのって仕様なのか?
  
818 名前:名無しの魔族 投稿日: 2008/12/29(月) 12:24:25
   >>817
   そうみたいですね。IBだけじゃなくてLBもそうっぽいです。
   カウンターやディフェンスを使った直後に運悪く撃たれると
   スキル解除できなくなりますよ。これも仕様っぽい。

819 名前:名無しの魔族 投稿日: 2008/12/29(月) 13:01:21
   最近ウチんとこに来る冒険者が急激に減ったんだけど何だろう?
   少し前なら最高級革とか持ってかれてたんだけど……。

820 名前:名無しの魔族 投稿日: 2008/12/29(月) 13:47:41
   >>819
   キア上か? 最近別の所が盛り上がってるお陰で
   昔からある古いダンジョンは、かなり人数が減ったらしいぞ。

821 名前:名無しの魔族 投稿日: 2008/12/29(月) 14:17:15
   どうでも良いんだけど、俺の周りにくるやつらってみんな服装が貧相なんだが

822 名前:名無しの魔族 投稿日: 2008/12/29(月) 14:27:00
   >>821
   巨大ワニさんいつもおつかれさまです。

------------------------------------------------------


しばらくは魔族との共存はなさそうッスね……。





影ミッションをぐるぐる回っていると、当然武器の耐久度も減っていくッスよね。みなさん修理はどうしてるッスか? 意外と知らない人が多いらしいッスけど、ここタルティーンは修理のバリエーションが多い街だったりするッス。






まずジャイアント司令部のカルペンさん。一般的に広まっている成功率、95%の成功率で修理をしてくれるッス。ネリスさんやオスラさんといった武器屋さんと同じ成功率ッスね。





次にタルティーン司令部のアンドラスさん。カルペンさんから1%増える96%になるッス。料金は少し上がるッスけど、95%じゃ少し不安……という時にはもってこいッス。






そして一番高い成功率を誇るグラナッドさんは、97%ッス。3人の中では一番高い料金が必要になるッスけど、安心感も一番高いッスね。

ジャイアント司令部のカルペンさんはともかく、バンホールのアイデルンさんに頼むのは値段が高い……でも成功して欲しいし、という時は96%のアンドラスさんや97%のグラナットさんに頼むのが良さそうッスね。近くで修理場の選択ができるって、何気に便利な事だったりするッスよね。





1%や2%じゃ大差ないだろう……という気もしないわけじゃないッスけど、大事な武器なら慎重に選んで修理したいッスよね。もちろんお財布も気になるのは誰でも同じッスから、その辺のバランスを上手く取って戦闘で稼ぐ! これが出来る男の生き方ッス!


10歳でレベル50を目指す! のは良いッスけど、実のところAPの注ぎ込み先が見つからなくて、ちょっとモヤモヤしていたりするッス。錬金術でも覚えれば良いのかもしれないッスけど、ジャイアントとの相性を考えると、今のところどれも選べないというのが本音ッスね。どなたかジャイアント+錬金術で上手く戦ってる方、いないッスか! ぜひ参考にさせてもらいたいッス。


以上、自分がお送りしたッス。
カテゴリ:リーベント

fade in the rain 2008/12/22


ボクが彼と出会ったのは、なかなか降りやまない雨が続くトゥガルドアイルにあるウレイドの森。妙に気になる視線を感じて目を向けた先にいたのは、他のクマとは明らかに違う毛並みと体格のぬいぐるみみたいなクマだった。




彼はじっとボクの方を見つめているだけで、何を考えているのか何をしようとしているか、全くわからなかった。











ボクのモリアンサーバでの生活もだいぶ慣れ、レベルを上げつつお金を得る生活もそこそこ安定してきた。愛用しているレザーロングボウで狩りをしたり




道端にあるものをゴーグル型データベースで調べてまわったり。ある程度は満喫している、というレベルで暮していけてるような気がしていた。





ただ、やはり手ごわい相手はどこにでもいるもので、特にこのウレイドの森に数多くいるクマの存在はまさに驚異。最高級革を落とすという情報がデータベースにはあったけど、戦う時はいつも命がけ。それに釣り合うだけのメリットが、なかなか見出せない。そんな凶暴な性格だという先入観があったからなのか……









彼の存在はとても特殊に見えたんだ。








話してみると、悪そうなクマじゃない事はすぐにわかった。それにそこら辺のクマはこんな丸い目はしてないし、手足もちょっと丸みを帯びててかわいく見える。

しばらく話し込んでいるうちに、気がつくとボクのクマに対する先入観なんてものは完全に消えていた。だからかな……





「狩りに困ってるなら手伝ってやろうか?」





という提案も、喜んで受けることができた。






「んじゃあ、オレがお前のサポートをしてやるよ」







狩りの手伝いなんて、とても漠然としてて実感が沸かなかったけど、実際に戦ってみると彼のサポートはとても有効なものだった。ボクの弓の合間に、絶妙なタイミングで入る力強いスマッシュ。あんなにリスクを背負っていたクマも、嘘のように戦えるようになっていた。






場所を変え、相手を変えても安定するコンビネーション。彼のスマッシュはタイミングはもちろん、威力も僕の弓とは比べ物にならないほど強い。黒ヒグマだってこの通り。






この日の狩りを終えて一休み。そう言えば、まだ名前を聞いてなかったっけ。

盛のクマさん……? なんか変な名前だね。名前っぽくないし。

「盛にいるクマだから仕方ないだろう」

それはそうだけど、「森」の方でもないんだよね?

「そりゃあそこは森だけど、それ以前に盛なんだよ。わかるか? わかんねえよな。」

ふうん……確かによくわからないけど、キミがそんなに言うならそうなのかもね。

「まあ気にすんなって事だよ。大人の事情とでも思っておけば良い。」



ところで、タルティーンって言ったことある? ボクはまだ無いんだけど……。

「あ? 無いのかよ。お前ウレイドの森にいたんだろ? 目と鼻の先じゃねえか。」

まあ、それはそうなんだけど……






何となく、あそこの雰囲気が怖いと言うか……。夜になると真っ暗だし、1人だとちょっと近寄りづらいんだ。兄もリーベントさんも、もうタルティーンには入ってるはずなのに、データベースの情報はほとんど更新されないから……。


「? よくわからんが、1人が怖いなら今行けば良いじゃねえか。オレがいれば問題ないだろ。」

え、一緒に行ってくれるの?

「白々しいな……w そのために話振ったんだろ?」

そ、そんな事は……。

「まあ良い。タルティーンにはお前と同じエルフもいるって話だ。まずはそこへ行こうぜ。」

そうなんだ? 全然知らなかったな。後でデータベースに入れておかなくちゃ。兄もリーベントさんも、ボクの事なんて忘れて遊んでるんだろうし……。全く酷いんだから。

「何をブツブツ言ってんだよ。ボサっとしてないでさっさと準備しやがれ。」









タルティーンの街は思ったより大きくて、住民の話によると色々な種族が共存してるらしい。そんな中で迷ってしまうんじゃないかと不安だったけど、目的地のエルフ司令部には割とスムーズにたどりつけた。と言っても、クマくんの後に付いて行っただけだけどね。初めての街に同じエルフがいるっていうのは、とても安心する。しばらくはここを拠点にしても良いのかもしれない。







街の外れには、墓地もあった。戦いで命を落とした人たちのお墓なんだろうか。いっぱいあるんだな。ちなみにここ、タルティーン北東にある墓地は全部で30以上あるんだって。

「……あ? それがどうかしたのか?」

えっ、あ、いや、何となく知りたいかなと思って。

「なんだそりゃ……。」

今後役に立つかもしれないし。

「どんな時にだよ。」

寒い雪原での集まりとか……。

「わけわからん事ばっか言ってないで、次行くぞ。」








あ、そうだ。影ミッションって行ったことある?

「オレはクマだからな。あんまりそういう人間たちのイベントには興味ねえんだよ。」

イベントじゃないよ。影ミッションは異世界で行われている魔族との戦争なんだ。さっきエルフ司令部の人が言ってたんだけど、現実世界の他に影世界っていうソックリな世界があって、そこはいわゆる平行世界っていう……

「あぁ、わかったわかった。何度も言うがそういう話には興味ないんだ。だがお前は行ってみたい、そういう事だろ?」

う、うん、まあ……。

「だったら初めっからストレートに言えば良いだろう。ったく、お前はなんつーか回りくどいよな、行動とかさ。」

そうかな? しっかり考えながら行動してるつもりなんだけど。

「直球の方が良い時だってあんだよ。そんな融通も利かないんじゃ、頭の堅い大人になっちまうぞ?」

難しいんだね。

「確かに簡単じゃないかもしれんな。そんな事より、影世界とやらへ行くんだろ? 早くしようぜ」








ここが影世界……。確かに現実世界とソックリだけど、雰囲気は全然違うんだな。ここに現れる魔族を殲滅するのがボクたちのミッションだ。今までみたいに、上手くコンビネーションが機能すると良いな。

「さっそく敵が見えてきたぜ。ボサっとすんなよ? やり方は今までと同じだ。だが気は抜くんじゃねえぞ。」

よし……!








ボクたちのコンビネーションは、現実世界同様に上手く機能していたみたいだ。初めて見る敵とは言え、1体1体の戦闘能力は決して高くなかったせいか、スムーズに進んだんじゃないかな。

「ほら、次はこっちだ! しっかり狙えよ……!」

クマくんも興味無いと言っていた割に、結構のってる気がする。







1体の戦闘能力は決して高くはないけど、数が多いせいもあってしょっちゅう横やりが入る。そのたびお互いにヒールで手当。クマくんのライフは200オーバー。ボクのライフは70ちょっと。少し殴られるだけで瀕死になるから、ヒールをもらう回数もボクの方が多い。それでも毎回きちんと回復してくれるあたり、優しいクマなんだと思う。

「お前がいなくなると、オレがここから出れなくなるからだよw 人間たちが使うフェニックスの羽なんてモンは無いからな。」

優しいクマなんだと思う。







「あれが最後か? やっぱ他のザコとは迫力がちげぇな」

確かに。大きいから威圧感もあるね。

「怖いんだろ?w」

……別に。

「ほら、じゃあさっさと行けよ。オレはいつでもOKだぜ。」








このフィールドのボスと言うだけあって、他の魔族とはケタ違いの強さだ。防御力も高い、ライフも多い、動きも速い。今まで闘ってきたどの敵よりも手ごわいかもしれない。けど、ミスさえしなければ今のコンビネーションが続いてくれてる……きっと倒せるはず!

クマくんのスマッシュを何度受けても立ちあがってくるクラッグカウ。そこへ間髪入れずに撃ち込むレンジアタック。そして再びスマッシュ。そんな風に数分続いた戦いも、最後は決着が付く。

「これで終わり……っと! ほら最後、フィニッシュ出てるぞ!」






終始コンビネーションのペースを崩さず、ミスらしいミスもなかったボクたちの勝利だった。クマくんは何度か殴られてたみたいだけど、最後のレベルアップで不思議と全快していたみたい。でもさすがに最後の方は少し息が上がってたかな? とにかく、おつかれさまだね。






経験値がたくさんもらえただけでも嬉しいのに、さらに宝箱まで用意されてるなんて、至れり尽くせりな感じだね。高価なものも入ってるのかな?

「価値があるもんより、ハラが減ったから食いもんの方がオレは嬉しいけどな。」

あ、キミお腹すいたの?

「すいたってか、お前がオレに全然エサくれねぇからだろ!」


え? エサあげるの?

「ったりめーだ! 何でお前のためにタダ働きしなきゃならんのだ。オレ、戦う。お前、エサ出す。こうだ。」

な、なるほど……。それもそうだね。

「それとな、ずっと言おうと思ってたんだが……。」

うん? ま、まだ何かあるの?

「オレの事をクマくんとか、キミとかで呼んでるけどな……お前よりは年上なんだぜ? 別にオレは細かい事は気にしねえが、違和感とか感じねえのか?」

え? あ、そうか。年まで聞いてなかったね。何となくクマのぬい……

「クマのぬいぐるみみたいだから、ペットみたいに思ってた……とか言わないよな?」

……。

「お前……。」

じゃあ、他の呼び方を考えるよ。種族はどうあれ、年上ならもう少し合ったものにしないとね。何が良いかな……あ、兄が付けたペットの名前を参考にしてみよう……にゃんぱす。

「オレはクマだぞ。」

……引っこ抜くん。

「クマから何を引っこ抜くんだよ。」

……引っ張るくん。

「引っ張ってもダメだ。そもそも”くん”が付いてるじゃねえか。」

……木星ロケット。

「オレをどこに飛ばす気なんだ。つか、アイデアまるパクリじゃねえか。そんなのはダメだ。」

やっぱりそうだよね。それにもっとピッタリなのが良いんだけど……。






……?





あ! そっ、それ! それが良いんじゃないかな!








ボス!

「また安易だな……。」

でも合ってると思うよ? 実際戦闘ではボクよりずっと戦力になってるわけだし、引っ張っていくって意味も込めてどうかな?

「まあ……悪くはねぇが……。」

じゃあそれに決めよう! 名前じゃないから、あだ名みたいなイメージだよね。名前は……

「盛のクマさん、だ。」

そうだったね。ちなみにどうして盛なのかは……

「まあ気にするなよ。」

はは、わかったよ。そのうちまた聞かせてもらおうかな。



じゃあボス、これからよろしくね。

「ああ、ほどほどにな。」










こうしてボクは心強い友人、クマのボスと出会ったんだ。言葉使いは悪いけど、短い時間の中で感じた力強さや優しさは、とても信頼できるものなんだと思う。これから数多くの戦いや、幾重にも重なる日々を一緒に過ごしていく事になるんだろうな。大変な事もたくさんあると思うけど、何とか上手くやって自分自身が成長していきたい。ゆくゆくは、ボクがボスを守ってあげられるようになるかもしれないしね。そうなる日が来るように、ボクは頑張るしかない!

カテゴリ:ボクとボス

影ミッションはみんなの味方 2008/12/21


こんばんは、椿屋です。「アップデートのため~」と告知された先日のメンテナンス以降、満員続きだったマリーサーバとルエリサーバに9番目のチャンネルが追加されました。これで少しは混雑が緩和されると良いなあ。ところで、チャンネルが1つ増えるって事は混雑緩和以外にも、メリットがいくつかありますよね。たくさんの人が喜びそうなものとしては、イリア巨大ボスの出現回数が増えるという事。レアのチャンスが1回増えるのはうれしい! あとはハーブを抜いたりする時にも純粋に数が増えますしね。どうせならもう2つくらい増やしてくれないかなあw






そんなアップデートと同時に投入された、リニューアルオスラランダムボックス。目玉アイテムは何と言っても「クマのぬいぐるみ」と「日傘」なんじゃないでしょうか。日傘も当然の事ながら、クマのぬいぐるみはほとんど出ないと言われる確率の低さ。まだ持ってる人を見たことはないなあ……。僕もせっかくなのでいくつか購入して開けてみたのですが、結果はかすりもしませんでした;; 欲しかったんだけどなあ……








クマのぬいぐるみ……。













ハズレばかりのランダムボックスから頭を切り替え、錬金術のトレーニングを開始! 錬金術実装当初、マナフォーミングが楽しみで! と記事にも書いていた気もするのですが、なぜかゴーレム錬成にハマっている自分がいますw 最初のうちは、材料の入手もトレーニングも比較的易しめだから、楽しみながらできますしね。錬金術、何を上げようかな……って悩んでる方は、ゴーレム錬成オススメですよ! アルケミマスタリも一緒に上がりますしね。





出遅れて始めた僕でも、ゴーレム錬成のスキルランクが数字に到達! ここまでは採掘で手に入れた「低級クィリンストーン」とアイバが売ってる「土の結晶」だけで進みますしね。他の錬金術のトレーニングに比べたら、楽な方なんだと思います。ようやく錬金術ブームに乗ってきたな! って感じがしてきたぞw








もちろんこっちも忘れませんw あと1ランクでスキルキャップに到達できますので、もうちょっとの辛抱だ! 解除されたら、もちろんランク1まで目指しますw








ランク1と言えば、半ば仕方なく上げているダークナイトスキルのヘビースタンダーがランク1になりましたw 弓を使わないので、ステータス系のスキルはSTRの上がる「ボディーオブカオス」、INTの上がる「ブレインオブカオス」の2つを上げた後、このヘビースタンダーを上げ始めたのですが……なんと言うか、他に上げるものが無いから……という何とも後ろ向きな理由だっただけに、あまり嬉しさとか達成感とかは無いですねw 中にはもう全部ランク1になっちゃったよ……っていう方もいらっしゃると思いますが、ダークナイト・パラディンスキルも何か追加して欲しいですよねw 特にダークナイトは……






まだ制限解除されてないスキルもありますし……! このスキルのためだけにダークナイトになった僕としては、ここがとても重要な部分なんです。ネタの幅も広がるだろうし……経費(魔符代)も減るだろうし……。まさか忘れられてるなんて事は……サポートショットと同じ道は辿ってほしくないです;;








錬金術や変身スキルなどで必要な、たくさんのレベルアップをサポートしてくれるのが、実装されたばかりの影ミッションだと思います。このお陰で、いつもよりレベルが上がって嬉しい! っていう声も多いんじゃないでしょうか。ソロでもなかなかの経験値がもらえるので、僕も普段より頑張ってレベル上げができてます。






ところで、この影ミッションのクエストボードですが、建物やNPCとは違って裏側にまわっても透けないんですよね。イリアベースキャンプにあるクエストボードも同じかな。透けないって事は、ボードの裏側にいる相手の顔や姿がわからないって事ですよね。見られてそうで見られてない、そんなギリギリの緊張感を味わいつつおかしなモーションなんかを使うと、いつもとはちょっと違った楽しみ方ができますw たとえば……












と思って準備している時に限って、向かい側に人が全くいないなんて事はよくある事で……;; まあ時間が時間ですしね、仕方ありません……。もうちょっと混んでる時にやってみよう。みなさんもぜひぜひ、このギリギリの緊張感を味わってみてくださいw あ、でもちょっと距離を保たないと……







不気味な事になるので要注意ですよw 眺めているクエストボードから顔が出てきたら、ちょっとトラウマになりますよねw 相手の方の心身的負担になるので、用法用量を間違えないようにw








それにしても、影ミッションの経験値はおいしい! ハードは大変ですけどね、高級や中級を繰り返すだけでも、今までのレベル上げ以上の成果がでますよね。やっぱりクリア時の報酬経験値が大きいのかな。ダンジョンではクリア時に経験値の報酬なんてもらえませんしね。みなさんもスキル構成や、累積レベルなんかで、お気に入りのミッションがあるんじゃないでしょうか。






何気なく影ミッションを続けていたらもらえたタイトル。ハッキリとは覚えていませんが、確か「3回連続でミッション成功」すれば取得という印象でした。もっと細かい条件があるのかな? 近接には嬉しい補正になっていますので、刀剣や鈍器を愛する方々はぜひ取得してみてくださいね。「灯火」ってちょっとカッコ良いですね。響きが好きなので、無タイトル派の僕もたまにつけてますw



そろそろG9クリアしたよ! と言う方も、ちらほら見えてきましたね。僕はまだまだ序盤なのですが、これからのお話の展開が楽しみなところです。最後に覚えるライフドレインも、どういう経緯で覚えるのかなー。それと、今回のクエストから難易度設定が絶妙になりましたよね。パーティーメンバーの中で、一番累積の低い人にミッション難易度が合わせられるようになってますので、難しすぎて全然無理! なんて状況も、緩和されてるのかなって思っています。いやいや、あえてハードに! っていう猛者も多そうですがw 誰にとっても嬉しい仕様ですよね。スバラシイ!



椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi

除夜の鐘 2008/12/17


こんばんは、椿屋です。みなさん、新時代は楽しんでますかー? 色々なブログやSNSでの記事を読ませてもらうと、もう錬金術のスキルがランク1になってしまった方や、スキルキャップに到達してしまった方、中にはマスタータイトルをも取得している方までいらっしゃるみたいで、やり込み具合に関心してしまいます。自分のスキル欄を見ても……まだFやEがたくさん並んでますからねw






スキルトレーニングはもちろんなのですが、AP不足も常に付きまとう大きな問題。そこで新しくなった転生周期を利用して、AP欲しさにさっそく2週目で転生しちゃいましたw 服は最近買ったばかりの「見習い錬金術師のスーツ」があるし、続けて着てみようかな。性別も種族も関係なく着れる服だから、こういう時には便利ですよねw あとは……型紙でもあれば、どんな人にもプレゼントできるし、なかなかの優れものですよw 型紙入らないかなあ……w






AP欲しさに……と書きましたが、僕も少しは錬金術実装前にAP貯金をしていました。もちろん他の方々のように数百なんて数ではなかったのですが、それもとうとう底を突いてしまったわけなのです。みなさんは、どんなスキルにAPをつぎ込みましたか? 面白いスキルは色々ありますよね。






たとえばゴーレム錬成スキル。スキルランクを上げれば、どんどん強力なゴーレムが作れちゃいますし、防護壁スキルはランク5から凄まじく便利なスキルになるそうです。他にも合成や分解スキル、ウォーターキャノンやウィンドブラストなどなど。そんな数多くのスキルの中から、僕がAP貯金を注ぎ込んだスキルは……!














マナシールド!













「なんて時代錯誤な……」
(ですよねw)




「いつ実装されたんだっけ?w」
(半年前ですw)




「弓とか魔法防ぐやつだよね?」
(それはマジックシールドw)






とまあ、色々な反応を頂くのですが……なぜか妙にハマってしまってw 中級魔法並みにAPを使うのですが、貯めていたAPを一気に使い切るくらいの勢いで上げてしまいましたw 元々近接タイプですからね、ライフを減らすくらいならマナを減らす方が賢いんじゃないかと思います。今はまだスキルランクは6で制限されているのですが、解除される日が楽しみですw って、錬金術からそれましたねw 戻そう戻そうw






錬金術スキルはもちろんですが、タルティーンの街は色々歩いてみました? こんな所にこんなものが! とか、こんな所にも入れるんだ! っていう発見が多いと思います。細かい部分の作り込みが、今までの街よりもしっかりされてるんですよね。





錬金術というキーワードの他に、忘れてはいけないのが魔族と交戦中の要塞だと言うこと。街の中には人間・エルフ・ジャイアントがそれぞれの司令部を持ち、高くそびえ立つ城壁や外には見張り台のようなものも設置されています。





今までもシナリオの中に戦いが置かれる事は多くありましたが、ここまで密接した場所が用意されたのも初めてではないでしょうか。のんびり過ごせたり、なごむ場所だったり、そんな印象が強い今までの街とは違い、どこか緊迫感が拭えない……そんな印象があります。





「今までの街とは違う」と何度も書いていますが、3種族が同じ場所で過ごしている街も、ここだけですよね。そのせいなのかはわかりませんが、タルティーンの西側と……







東側では、民家(?)の雰囲気もちょっと違いますね。ちなみに西側にはジャイアント司令部が、東側にはエルフ司令部があり、人間のいるタルティーン司令部は北側に位置しています。その辺りは、東西両方の建物が混在してたりするのですが、何か関係あるのかな?






ここは戦いの合間の休息スペースでしょうか? エルフ司令部の裏側には、こんな場所もありました。そりゃ戦いっぱなしじゃ疲れますしね。でもここにいる人たちって、種族間の争いの件についてどう考えてるんでしょう……w 誰かそんな話してくれる人いないのかなあ。





花もそうですが、作物のなる畑もところどころにありますよね。僕は料理はほとんどしないのですが、料理人の方々にとってはありがたかったりするのかな? 「炉と鍛冶台があれば完璧なのにね」と言っていた人がいましたが、ここに炉と鍛冶台があったらバンホールの過疎化が進みますよw そういうところでバランスを取っているんでしょうか、エリンの街はw





タルティーンの中に何気なく咲いている花も、改めて眺めてみるとどこか儚げな感じ。とても儚く、しかし内なる力強さを秘めている……そんな姿を、圧倒的な数を誇る魔族に少数で臨むタルティーンの部隊と重ねてしまいます。影ミッションをいくつかこなすとわかりますが、ホント多勢に無勢ですよねw 何度お手玉にされたか……;;





街中を色々まわってると、こんな場所も発見。丁度タルティーン司令部の裏側にあたるのかな? 階段を上った先には、広めの部屋がありました。その中でも最初に目にとまったのが、積み重なったプレゼント箱の数々。そう言えばタルティーン司令部のアンドラスさんって、女性なのにカッコ良くて強そうだし、ひょっとしたら部下の女性からの人気が凄くて「アンドラスさまぁ~」的なプレゼントも多いのかな……? なんてところまで一瞬考えたのですが……






近づいてみると人が寝てました(汗 とりあえずアンドラスさんではないみたいですが、この方は一体……。見るからに具合悪そうですね……色もだいぶ褪せてますし。でもここ、微妙に屋内じゃ無いから……雨とか大丈夫ですか?w ま、まあ、良いなら良いんですけど……。







影ミッションでは度々閉められている城門も、こちら側ではいつでもOKな状態で開かれてます。脇にある装置で開閉してるのかな? 自分たちで開閉できたら面白そうなんだけど……それじゃあイタズラする人も増えますかねw 外からは開けられませんからね……ってペットで飛べば何の問題もありませんが(汗 そう考えると、飛ぶ相手にもあんまり意味ないんですね、こんな高い城壁も……w 




アップデートから1週間が経ち、タルティーン内もようやく落ち着いてきた印象がありますね。ドレンさんの前に散乱してたスキルブックは、もうほとんど見なくなりましたし、影ミッションのクエストボードの前の人だかりも少しずつ少なくなってきました。それでも僕のいるマリーサーバでは、連日のように満員のチャンネルばかり。無料転生をキッカケにエリンに戻ってきた方々や、錬金術に惹かれてエリンにやってきた新たな冒険者、そういった方のお陰で今賑やかになってるんでしょうね。満員ばかりでログインできないのは残念だけど、賑やかになるのは良い事ですよね。まあ、当然ログインはしたいんですけどね……w




先日ブログめぐりをしていた中で出会ったこちらの記事。

http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/blog-entry-341.html

こんなに詳しく書いてる記事は見たことない! と関心したのと同時に、何故か見てるこっちが妙に恥ずかしくなってしまうスクリーンショットの数々に、最初は最後までたどり着かずにウィンドウを閉じてしまいましたw くそう、これはやましい気持があるからなのか……! 今年は除夜の鐘を突きに行こう……。



椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi

新時代の幕開け! 2008/12/13


こんばんは! 椿屋です! ついに来ました大型……いや、超大型アップデート! みなさんはもう遊びに行きましたか? トゥガルドアイルのウレイドの森や、ラビダンジョン前から入れる新地域。そしてその先にある新しい街、タルティーン。僕はもちろんすぐに行ってきましたw 新地域に足を踏み入れてから少し歩くと、目の前には大きな城壁らしき建物が見えるはず。これが錬金術の街、タルティーン。迫力あるなあ。



錬金術に欠かせないのが、このシリンダー。ゴーレムを錬成したり、魔法の結晶を射出したりと、役割は色々。スキルさえ覚えれば、あとは誰でも簡単にガチャコンと使う事ができます。剣や魔法と言ったファンタジー色の強い世界から、文明の利器とも言える科学の世界へ踏み込んだという感じがします。ロマンを感じますねw



錬金術って一言で言ってもスキルの種類は様々! なんて事を前回の記事でも書きましたが、実際に触れてみるとホントに色々あって、どれから始めようか迷ってしまいます。こうやって迷うのも、きっと楽しみの1つなんだろうなあ。あえて1つ1つのスキル解説などはしませんが、どれも独特なスキルばかりなので、ぜひぜひ試してくださいませ。




ちなみに僕の1番のお目当ては、マナフォーミングスキルでした。店頭で売られている結晶に、サンダーやアイススピアといった中級魔法を込めるスキル。その魔法力を込めた結晶は、シリンダーを使う事で、サンダーならサンダーをアイススピアならアイススピアを、誰でも射出できるようになるのです。もうこれは椿屋で結晶を作って、他の家族たちに持たせるしかない! というわけで、結晶の製作に取り掛かってるわけなんですよ。でもこれ、マナ消費がとんでもないくらい多いんです。中級魔法を連続で何度も詠唱するから、当然と言えば当然なのですが……マナポーションがいくらあっても足りなさそう。せめて少しでも軽減できるようにと、マナ軽減装備と出番に全く恵まれないマジックアシスタンスブックを持って製作に挑んでます……w






ある程度結晶が出来上がったところで、ちょっくら試し撃ちでもしてみますかw これでもサンダーのランクは1ですからね。他の子たちに持たせるには、十分すぎるほどの威力が込められてるはず! よし……! いくぞ!










これが、新時代を切り開く次世代型サンダーだ!












なっ……







そんな……OTL 切り開けない……切り開けないよ、これじゃあ。。一応ランク1なんですけどね……w 錬金術の道は険しいって事かなあ。まあ、まだマナフォーミングのスキルランクも、アルケミーマスタリーのスキルランクも全然低いからなのかもしれないけど……70か……w









気を取り直して……!w タルティーンの衣料品店には、新衣装も並んでました! 錬金術師にピッタリな「見習い錬金術師のスーツ」。70とか出してる見習いの僕にはピッタリすぎるほど。男性も着れる衣装の中では、シンプルながらもなかなか良いビジュアルなんじゃないでしょうか! という事で、さっそく購入したわけですが……ちょっと問題点もあるんです。服に……と言うよりは、ズボンなのですが……







今の靴だと、所々に素足が見え隠れしてしまいますw ホントに少しの隙間なんですが、気になってしまいます。他の靴の方が良いのかなあ……と思い、次はブーツ系を履いてみると……





論外でしたw 色々試してみましたが、どのブーツでも太くなってしまいます。布だろうが金属だろうが、ものすごいパワーで広げられます。なのでブーツ系はどれもダメっぽい感じでしたね。そんな調子で合うクツを探していたところ……1つの靴に巡り合いました。それは~……







じゃじゃん!w ポリゴンのバグみたいのも見当たらないし、素足も出ません!w シューズ系なので太くなるところもないし、今まで試した中では間違いなくナンバー1のピッタリ具合! これしかないと言わんばかりに靴を購入し、ガラっとイメージチェンジ。気分も一新して、これから錬金術と言う新たな舞台に飛び乗ろうじゃありませんか。






いざ新時代へ! 









あ、そうそう。タルティーンの街並みがステキすぎて、色々見て回ってる最中にちょっと見慣れたものを発見しました。













……あれ?w









もしもし?w ちょっと背が大きい気もするけど……リーベントだよね?w









やーっぱりそうだw まったく、こんな所で何してんのよw そんな鎧着ちゃって、ずいぶん強そうじゃないw 


え? そんな名前じゃないって?w またまたw だってほら……










同じ顔になるじゃんw 間違いないってーw まったくどこに出かけてるのかと思ったら、こんな所でアルバイト?w 早く帰ってきなねw 学校の修理しなきゃいけないんだから(怒
なんてねw でもホントによく似てるなあ。世の中には自分に似た人が3人いるって言いますしね。リーベントの場合、間違いなくあの人がその1人でしょうw 面白いなあタルティーンw


今回のアップデートは、まず自分の目で見た時の新鮮さをオススメしたかったので、あえて新スキルや新システムについては大きく触れませんでした。まだ足を踏み入れてない方は、ぜひぜひその目で堪能して下さいね。それともう1つ、ぜひ背景BGMをONにする事をオススメします。今回実装された地域のBGMはどれもステキ! 特にタルティーンは、今までとは違った新しさを感じさせながらも、本来のマビノギの雰囲気を残すステキなBGMです。あとは炉の音なんかも良いので、聴いて楽しむ事も忘れずに! それでは、今日はこの辺で!



椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi

錬金術、迫る! 2008/12/10


どうも! 自分ッス! 待ちに待った大型アップデートが、ついに明日に迫ってきたッスね! みなさんは新スキルやイベント、新システムなんかに備えて何かしてるッスか? 自分は今、椿屋さんたちと錬金術スキルの割り振りを考えているところッス。誰がどんなスキルを覚えようかとか、悩みどころは満載ッスね。

錬金術が実装されるとは言っても、何気に他にも注目するものはたくさんあるッスよね。まずは新ペットの導入ッス。これはスプライトが新しくペットとして飼えるようになるらしいッスよ? あとはクリスマスイベントも同時開催ッスよね。何やら今回のクリスマスイベントは、日本からの企画で出来あがったものらしいッス。だから今まで以上に期待が出来そうッスよね。自分もいつまでも夏服なんか着てないで、サンタクロース服に着替えた方が良いッスかね……。




とは言っても、何だかんだでみんなが一番注目するのは新地域ッスよね。トゥガルドアイルやラビダンジョン近くには、新たな封印石が現れ行く手を阻んでいるッス。明日になればここを破壊して、奥に進む事ができるッスねえ……今から楽しみッス! ちょっと横から入れそうな気もしないでもないッスけど……そんな野暮な事は考えてはいけないッスよ! 


でもそもそも、一体「錬金術」って何? って感が拭えないッスよね。公式ページを見ても、特に明らかにはされていないッス。



今までは新しい戦闘スキルとか、新しい生産スキル……という括りが多かったッスよね。それが今回は「錬金術」という大きなカテゴリが追加されるとかって話ッス。それってつまり何のことッスかねえ……。







気になったので、ちょっと調べてみたところによるとッスね……






要は魔法みたいなものって事ッス!








でも生産もできるッス!








……。









なんて説明じゃ、椿屋さんのスマッシュが飛んできそうなので、もう少し書くッス……。






一言で言うと「今までとは全く違ったスキル形態」みたいッスね。錬金術の中には魔法みたいなスキルもあり、戦闘で役立つスキルもある、そして生産みたいなスキルもあるッス。それらは今までとは全く違った……と言うだけあって、既存の「STR・DEX・INT」といったステータスの影響を、全く受けないスキルになってるらしいッスよ。要はスキルランクで強さや便利さが決まってくるわけッスね。それはどういう事かと言うと……錬金術においては熟練者と初心者の差が少なくなるって事ッス。しかも誰にでも簡単に入り込める、それが錬金術ッスね。INTがこんなに低い自分でも、中級魔法のようなものが撃ち出せるらしいッスよ。実際にどんなスキルがあるのかは、明日のアップデート後に自分の目で確かめるッス!










いやあ……しかし久々に本で勉強なんてしたッスけど、たまには良いものッスねえ。疲れたから帰ってゆっくり休むッス!









……っと、これはひょっとして……








なんか錬金術っぽいものがたくさん置いてあるッスよ! INT0の自分でもできる錬金術……自分でもできる……自分ならできる……自分こそできる……









ちょ、ちょっと錬金してみるッス……







とりあえずこれを……ここに入れるッスね……錬金っと






これも入れた方が良いッスね……錬金っと







これは忘れちゃダメっすよね……錬金っと









そして最後に……この辺のを混ぜれば、すごい錬金が……!!!















……できないッスね。。






こうなったらやけッス! 刺激や衝撃も与えてみるッス! どおおおおりゃああああああっ!!!!













んごおおおっ……ごほっごほっ……げほっ……ごぼごぼ……







や、やばいッス……やっちまったッス……こんなシチュエーションでの爆発、お約束すぎて今どき無いと思ってたのが甘かったッス……。





あーぁ……なんか色々割れてるッスよ……液体もこぼれてるみたいッス……。本も……教材も燃えてるッス……まずい事になったッス……。




ごほっ……ごほごほっ……







視界も真っ暗ッス……煙で前も見えな……はっ! い、いまのうちに! 見られないうちに! こ、こ、ここからに、に、にげ、逃げるッス! どこでも良いからしばらく身を隠すッス! バレたら大変な事になるッスよ! み、みなさんも錬金術の取扱には、くれぐれも気をつけるッスよ! そっ、それでは、今日はこの辺で! 以上、自分がお送りしたッス! い、急ぐッスよおおおお!!! 












……。







……。







ただいまー! つかれたあー……いやあ、冬だってのに、ザルディンの火山はめちゃめちゃ熱いわあw 地面もゴツゴツしてるし、黒ヒョウはやんちゃだしw あそこは立ってるだけで疲れるよなあ……ってあれ? リーベントー? いないのかー? こんな時間にいないなんて珍しいな……。





うーん……あ、ご飯も食べてないじゃん。って言うか昨日のご飯じゃん、これ。昨日も家に帰ってないって事? どこか長いダンジョンにでも入ってるのかな。帰郷したとかw 違うかなw 





まあいっか。あ、そういえばポストにスクロールが入ってたな……どこからだろ……んと……お、学校のスチュアートさんからだ。なんだろ……ダークナイトの魔符セールのお知らせとかじゃないよねw あれ地味に高いんだよなあ……もうちょっと安くしてくれて……も…………ん!?!?!?







リイイイイイイイベントオオオオオオオオオオオオッ!!! どこだああああああ!! 帰ってきたらタダじゃおかないぞ、あいつ……;;

カテゴリ:リーベント

冬の大空洞演奏会! 2008/12/09


こんばんは、椿屋です。今日はマリーサーバ7chのイメンマハで行われる、「EMFスペシャル ~わくどきクリスマス! in 2008」を観に行こうと思っていたのですが、所用でちょっとだけ遅れてログインする事になっちゃいました。もう良い席無いだろうなあ……なんて事を考えてはいたのですが、まさか7chに入る事さえ困難になっているとは、思ってもみませんでしたw 結局ティルコネイルからイメンマハへ馬で移動して、到着した後も数分この状態でした……やっぱ人増えたんだなあ。




そんな調子だったので、会場についた時にはもう「良い席」どころか、座れそうな場所を探すのも一苦労w こんなにギッシリ埋まってるところ、初めて見たかもしれない……。確かに毎回すごい人の数なのですが、それでも座る余裕くらいはあったような……。最近の演奏会ってこんななのかな?w まあ、とりあえず落ち着ける場所を探さなくては……








と思った矢先に強制ログアウト;; それだけ重いって事なのかあ? せっかくログインできたのに、また満員で足止めをくらってしまう……w





それから再び7chにログインできたのは約10分後。今度は慎重に移動……とは言っても気持ちだけですけどねw 落ち着いたところでステージ上を見てみると、もうすでに何組か終わったあとだったのかな;; 最初に観れたのは、サンタクロースの衣装で演奏している方々。そう言えば今回はクリスマススペシャルでしたよねー。外もすごく寒くなってきたし、こういう雰囲気好きだなあ。ほのぼのしますよねー。






……なんて落ち着いていた頃に、会場移動開始!w 次の会場になっている、ティルコネイルのアルビダンジョンを目指します。しかしこの季節の雨は冷たいなあ……傘とかの実装はないの?w それにしてもこの人数ですからね。静かな農村、ティルコネイルにあれだけの人数が一度に移動したら……






こうなりますよねw もう夜も遅いですからね、静かに移動しましょうw 静かにねw でもこの様子じゃ集合場所のアルビダンジョンロビーは……






ですよねーw 「今、アルビダンジョンが熱い!」どころの話じゃないですよw 「アルビダンジョンってのが実装されたらしいよ?」的な盛り上がりを遥かに超えてるんじゃないでしょうかw これだけの人数でアルビ通常ダンジョンに入るって言うんだから、ボスの巨大クモだって気が気じゃないでしょうねw




人ごみの中からお友達を発見! そばに寄って埋もれないようにしないとw 普段イベントなんかでも、周り気にせずポツンと1人で座ったりしてるのですが、こう狭い場所に密集ってなるとどうも落ち着かなくて……w






順々に祭壇からダンジョン内に入り、たどり着いたのは演奏会場となっているボスルーム。続々と集まる観客を見ながら、スタッフの方々は注意事項や人の誘導など、あっちこっちで頑張ってましたね。ホントに大変なんだろうなあ、イベントの運営って……。





イメンマハからアルビダンジョンへ、人の移動がほぼ終わったところで第2部開始! ボスルームって意外と広いのに、周りに何も無いからイメンマハの講演場より軽いというステキな場所だったりするんですね。いつもと全然違う雰囲気で、僕はすごく気に入っちゃいました。地下の大空洞での演奏会……もうそれだけで心惹かれてしまいますw 冬場はみんなで入れば暖かそうですしねw ここでのんびり聴けるなら文句は無い……!









OTL






こういう日に限って回線の調子が悪いんだよなあ。普段は全くそんな事ないのに……やっぱり大勢集まってるから、何やかんやの負荷があるとか? よくはわからないけどw





それからも何度か回線不調は続いたのですが、何とかお友達の出番には安定して観れました! 良かったー……って言うか、出るなんて全然知らなかったから驚きの方が大きかったんですけどねw みんな知ってたのかなあ。本演奏の前の演劇だったので、それほど長くは無かったけど、二人ともすごく上手く演じてて感動しちゃいました。大きなイベントにお友達が出てるだけで、何か嬉しくなっちゃいますよねw 本人たちは緊張したんでしょうけどねw 





その後も代わる代わる奏者の方々がステキな演奏を聴かせてくれて、気分はすっかり少し早めのクリスマスムード。最近は微妙なタイミングで逃してた演奏会だけど、やっぱり来てみると良いもんだなあ。演奏自体はもちろんなのですが、その場の雰囲気も好きなんです。なんかこう……何て言うんですかね?w 心地よい緊張感と言うか、高揚感と言うか。逆に終わった時は少し寂しいんですけど、次はまた絶対に観に来よう! って思えるところとか。そういうのを全部含めて好きだなって思ってます。






そんな事を考えてるうちに、ぽえってぃさんの出番に。もうプログラムも終わりですよーっていう事ですよねw ステキな演奏に酔いしれる反面、さみしい気持ちが何とも言えませんw






閉会式が始まった頃は、もう夜中の1時を回っていました。いつもながら、もうそんな時間なのかーって感じですよね。そしてこれもいつも思うのですが、スタッフの方って意外と少ない! こんな少人数でも、僕らが1組1組の演奏に聴き入ってる時には、忙しく動き回ってるんでしょうね。こんなに楽しめるのは、間違いなくスタッフの方々のお陰でしょう。ホントにおつかれさまでした!





そして奏者の方々……




ステキな演奏、ありがとうございましたー!







閉会式が終わり、時間は1時半に差し掛かろうとしているのに、まだこれだけの方が残ってらっしゃいました。でもその理由も、回を重ねる度に観客が増える理由も、実際に聴きにきてみるとちゃんとわかりますよね。そこには間違いなく感動があるし、後にはステキな思い出が残るはず。だからまた次回も聴きに来よう……そう思わせてくれるんでしょう。まだ演奏会には行ったことが無いなあ……という方はぜひ! ご自分のサーバの演奏会はもちろん、機会がありましたら他サーバで行われてる演奏会にも足を運んでみる事をオススメしますよ!


久々の演奏会だっただけに、「もう終わっちゃうのかー」感はいつもより大きかった気がしますw それと何といっても人の多さに圧倒されちゃいましたw これからどんどん増えるのかなあ。でもそうなると、今すでに「満員」になってますし、ネクソンさんにサーバの増強をしてもらわないと、聴きたくても聴けない人が増えてきちゃいますねw 何とかしてくれないかなあ、ネクソンさん……w 随分稼いでるんでしょー?w なんてねw それでは今日はこの辺で!




椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi

悩んで悩んで楽観視 2008/12/05


こんばんは、椿屋です。なんだかんだで、もう12月! ホント早いですねえ。あ、個人的なお話になってしまうのですが、先月の終わり辺りに誕生日を迎えまして、ここの拍手やSNSでのメッセージ、エリンでのプレゼントなどを贈って下さった方々、ホントにありがとうございました! もう嬉しくて嬉しくて、その嬉しさの余韻に浸っていたところ、気が付けば12月5日になっていたわけです。だから更新が少し開いても仕方ない! というわけですね(いい加減

さてさて、最初から脱線してしまいましたが……とうとう来週に迫ってきましたね、お楽しみのアップデートが! 大きなアップデートは今までもいくつかありましたが、今回はチャプターのアップデートと言う事で、括りの規模で言うと一番大きいのかな? 一番小さいのがS1やS2と言われる「シーズン」。そのシーズンが4つまとまったものが「ジェネレーション」。そしてさらにその外側に今回の「チャプター」が位置している……という感じでしょうか。パラディンやダークナイト、エルフやジャイアントといった大きなものですら「ジェネレーション」ですからね。これは期待してしまうわあ。

諸々の要素はもちろんなのですが、大きなアップデートの時にいつも密かに、顔のパーツ増えないかなーって期待をしているんですよ。まあ気づかないうちに増えてる事もあるのかもしれませんが、それでもまだまだ少ない! 今後予定されている某アニメとのコラボ企画では、アニメにちなんだ髪型なんかが入るそうですが、もっと一気にドバーっと増やしてくれないかなあ。ちなみにみなさん、今のメインの子のパーツ選びって、色々悩んで決めましたか? それとも直感? 誰かに似せたって人もいるのかな?




僕はブログをやっているお陰で、新しく生まれてくるキャラのパーツ選びは、ちょっと悩んで選んでますw 少しでも面白い記事にしたいなーって考えると、ブログに出てくる登場人物の個性が欲しいですし、それって見た目のインパクトも大事ですからね。まあ椿屋は……特に何も考えずに選んだので、何とも言えない無難な感じになっていますが……w 顔のパーツと言うよりは、服装くらいですかね。





ちゃんと意識し始めたのはリーベントからだったかな。やっぱりメリハリが無いとイマイチ締まらないよなあ……と思ったのが初めで、「んじゃあこの子はボケ役にしよう!」と決めていました。が、いざフタを開けてみると、何故かボケる椿屋へのツッコミ役のポジションに立っていました(汗 と言うより、椿屋が無茶をさせる→リーベント困る、という流れがいつの間にかハマっていたんですね。そのお陰なのか何なのか、もう随分前から椿屋本人よりも人気を獲得しているようで、彼が記事を書くと普段の3倍近い拍手やコメントをもらう事も多くなりました;; あぁ、なんて憎い子なんでしょう。彼の出番が少ないのは、きっと椿屋のブログ権限が原因です。





椿屋の妹! と、急に現れたモリアンサーバ在住のエルフ椿屋。何となく機械オタクっぽい子が良いなあ……と思った時はもう見た目は頭の中で決まっていました。マリーの家族とは違い、この子だけ孤独な旅をしていく……そんな少し寂しい感じや、幸薄そうな感じを伝えられれば良いなあって思ってます。まだまだ出番は少ないので何も定着してませんけどねw ある程度スキルが固まってきたら、登場させようと思ってますw





少しだけブログにも登場させたマリーのエルフくん。実はエルフ種族実装時に生まれた子なのですが、当時からずっと秘蔵っ子でした。主な仕事は荷物持ちとアドバンスの回収……まあ、一般的に言う倉庫でしたw 今後もそのまま倉庫で……という予定だったのですが、ブログのリニューアルをキッカケに登場させる事にしました。……キッカケと言っては大袈裟かな。ただ単に、リニューアル前日の記事に、椿屋たち以外の人を出したかった……というだけの理由でした。それ以降は、何となく見た目が気に入ってしまい、ちょこちょこダンジョンの通行証なんかを取ってきてくれてますw

考えてる事は少しなんですが、改めて書くとちょっと長くなってしまいますねw 他の方々はどんな事を考えながら、パーツ選びをしてるのかなーって思ったので、まずは自分の事から書いてみましたw 





話はまたガラっと変わるのですが、久々にティルコネイルで転生してきたんです。転生フィールドから眺めるティルコネイルの村は、何度見ても和みですよね。ウルラ大陸にありながら、こんな景色が眺められる所なんて無いよなあ……なんて思ったのですが、確か来週のアップデートでウルラ大陸に実装される都市「タルティーン」では、飛行ペットで空を飛べるんですよね。街の中を鳥で飛ぶなんて新鮮ですよね。イリアの街は、どれもキャンプや集落のイメージが強かったので、これは期待しちゃいますw



あ、そうそう。今後のアップデートと関係があるのかどうかはわかりませんが、いつからかモンスターの出現の仕方がかわってません? ティルコネイルの転生フィールド内にある、ライトガーゴイルの広場なんですが……やって来た当初はほんの3匹ほどしかいなかったのですが





戦ってるうちにどんどん増えて……w そう言えばザルディンで狩りをしてた時も、似たような感じだったなあ……なんて事を思い出して、ひょっとしたら負荷軽減のため? 今後実装されるクエストか何かに備えてとか? と、色々考えています。ちょっとビックリしますけどね。1匹倒しただけなのに、近くに3匹も急に出てこられるとw


それにしてもアップデート楽しみですね! しつこいようですが、楽しみなので何度も言いますw 楽しみ! 楽しみ!w プロモーションムービーを見た方も多いと思いますが、現在のG1やG2をクリアした方なら「おおっ!」と思う要素も入ってますよねw G1で出てきたアレが、G2に関係しそうなアレが……! 韓国版のプロモーションムービーを見た時からずっと気になってましたw 他にも頼もしい仲間もたくさんいそうですしねw 

頼もしい仲間と言えば、G2はともかくG1は所々で3人パーティーじゃなきゃ進められない所がありますよね。ダンジョンで助けてもらったり、力を合わせて攻略したりする仲間とかね。そこの人数を集めるのに苦労した方も、少なくないんじゃないでしょうか。僕もお友達少ないですからね、とっても悩んでいたのですが、お世話をして下さったある方のお陰でG2に進む事ができたのです。普段はほとんどお会いしないのですが、久々にその方が拠点にしているティルコネイルで転生したので、ちょこっと溜まり場へ行ってみました。毎日ログインはしているみたいなのですが、こういうのって改めて会いに行くと緊張しちゃいますねw 


























まあ……予想してたとは思いますが(汗






G1もそうですが、前回実装されたレネス、そして次回実装される様々なクエストはパーティー向け主流になるとか何とか。それを考えると、ソロ活動も限界なのかな……なんて事を考えさせられます。ギルドについては色々考えてきたけど、そろそろ決め時なのかもしれません。椿屋チャプター2! 的な?w 悩みどころです……w


そんな悩みも吹っ飛ばして、とりあえず明るく楽しもうー! って事で、12月6日(土)開催の「EMFスペシャル ~わくどきクリスマス! in 2008」を観に行こうかな。最近は何だかんだで演奏会やイベントを逃してるし……;; 今度こそは忘れずに! 

12月6日(土)21時から7chイメンマハ公演場にて!

みなさんもぜひぜひ、足を運んでみてくださいね。それでは今日はこの辺で。


椿屋でした。
カテゴリ:mabinogi
Author is...
↑の画像はランダムで変わります。不定期ながらも随時追加していく予定ですが、お気に入りのNPCや面白そうなやりとりなど、何かアイデアがありましたらコッソリ教えてくださいね。
マビノギ検索エンジン マビ!さーち
当ブログ及びラジオ放送内での画像・BGM等の使用権や著作権など一切の権利は、
株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社が保有・管理しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。